2016年9月24(金)に東大阪メーカーズ・ミートアップ Vol.2に参加してきました!

メーカーとクリエイターのマッチング

メーカーズ・ミートアップ、というだけあって、その名の通り
メーカーの悩みをWEBデザイナー、プロダクトデザイナー、建築家などなど各クリエイターが専門分野の視点から
解決策や意見を重ねていく、というスタイルでした。

よくある異業種交流会のように名刺交換して個別で話をして、横のつながりを強化する・・・というよりは
皆でメーカーの解決策やアイデアを考える会に参加し、個々で思ったことを言い合うという、ちょっとしたゲーム感覚?
のようなスタイルでした。

メーカーもクリエイターも問題を明確にしているとアドバイス意見交換もしやすい

何かしら「もやっとしている」というような漠然とした悩みだと、
やっぱり漠然としたアドバイスになってしまうなぁというのが一番よく感じました。

問題を提起する方も、試行錯誤を繰り返し、悩みぬいて
相談すると、それに見合った答えを得られる・・・ような気がしました。

そう考えると、日々色々失敗を重ねて悩むのは無駄ではないですね。

毎月第三金曜日に開催 

次回は来月10月の第三金曜日。その次は11月の第三金曜日と続いていくそうです。

皆がだしたアイデアがどうなっていくかは気になるところです。

このまま二転三転して、何も形にならないまま終わるのか・・・
たぶん主催の方も参加している方も誰もわからないんじゃないかな??

意見を出し合ってお互いを知る

異業種交流会はとにかくお互いのことを知るところからはじまりますが、
1対1の個別の話あいでなく、
メーカーの悩みに対して、各専門分野のクリエイターの方々のプロの意見が聞けるのは面白いと思いました。

お題があってそれについて皆で
話合いながら、お互い知っていく・・・という感じでしょうか。

中小企業同友会で討論テーマがあってそれについて皆で議論する・・・というスタイルも
知っていますが、今日のメーカーズ・ミートアップの方がより具体的で実践的な話が聞けるのではないかと思いました。

仕事斡旋ではない

基本、東大阪メーカーズ・ミートアップは仕事を斡旋したり、
人を紹介したりはしないそうです。

あくまでそれは「各々でやってください」という方針で、交流が深まった結果の副産物的な考えといいますか、
異なるアイデア同士がくっついて新たなアイデアがうまれる「イノベーション」をおこす場を作ることに重きをおいている会、でした。

アイデアをいろんな人から集め、重ねていく

最初についたテーブルはメーカーの方が1人、クリエイターが4人の計5人。

アイデアをだして、模造紙にどんどん書きだしていき、でたアイデアに対してさらにアイデアを積み重ねていく・・・という形で進行していきました。

その後、メーカー以外のクリエイターは全員席替えをし、新しく席に着いた人がさらに前に出たアイデアにアイデアを重ねていく・・・という流れでした。

はじめて経験することだったので、ただただ新鮮でした。

席移動がわかりにくい

クリエイターは次のテーブルに各々移動するのですが、その移動方法がわかりにくかったな・・・。

席の番号とテーブル番号をたして・・・とか、初めて来る人は混乱するかな。

最初から席順など決めてもらった方が、進行はスムーズだったのではないかなあと思いました。

アイデアが形になったらだれのもの?

気になるのはアイデアが形になったら、これって誰にものになるのでしょうか?

皆でないでしょうけど、どこから関わった人が関係するのでしょうか?

それがふと思った疑問です。

とにかく、また来月と参加してみて勉強しようと思います!
(次はもうちょっと写真を撮ろう・・・)